スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にんげんだもの(後編)

2008年09月29日

この記事は前・後編の後編です。

   にんげんだもの(前編)はこちら





さて、前回驚くべき我慢強さを披露した息子ちゃんですが、変化は早速次の日の夜から始まりました。


前にも書いていたように、夜泣きをほとんどしたことのない息子ちゃん。


当然母ちゃんも、一度寝た息子ちゃんが夜中に起き出す事はまずないだろうと、その頃ではもうかなり強く思っていました。



ところが






その夜、母ちゃんはいつものように息子ちゃんを寝かせつけるために部屋の明かりを落として一緒に布団に入りました。


そのまま5分ほど時間が過ぎた頃でしょうか。


当たり前の事ながら全く無防備に横になっていた母ちゃんに向かって、なんと息子ちゃんが突然泣き叫びながら襲い掛かったのです。




ウワァァァ。・゚(゚`Д´ ゚)゚・。ァァァン




両足を蹴り上げるように激しく動かしながら、両手は母ちゃんの髪の毛を引っ張って掻き毟る息子ちゃん。


本当にまったく無防備だったので、勢いよく振った足は思い切り顔面を直撃し、二発目三発目を避けようにも容赦のない子どもの力で(バカにしてはいけません)がっしりつかまれた髪の毛が取れず、かといって強く引き剥がすわけにもいかず、頭の中は



(@_@?)(?@_@)(@_@?)(?@_@)(@_@?)

なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?



クエスチョンの嵐です。



しばらくじたばたと攻防を続けるうちに、ようやく息子ちゃんの言わんとしていることが



「お前は寝るな!起きろ!」



というような事だと気が付きました。髪の毛をつかんで必死に私を引っ張りあげようとしていたんですね。



私が起き上がると息子ちゃんの攻撃はピタッと止まりました。が、またほんの少しでも横になろうとする素振りを見せると再び泣き喚きながら突進してきます。





明かりを落とした中で、ただ黙って座り続けているのもかなり辛いものです。


それでなくても一日の疲れはピークに達していて、少しでも気を緩めると眠ってしまいそう。


いいえ




(Дヾ)・゚。眠りたい!!




この拷問のような夜は、なんとこの後、息子ちゃんがことんと寝てしまった日を除いて、実に一週間近く続いたのです。


母ちゃんは毎日、横になりたい誘惑と戦いながら『なんで?息子ちゃんにいったい何が起こったんだろう』と考え続けました。



息子ちゃんの夜泣き(?)が始まったのはあの1時間近く一人で起きていた日から。


普通の夜泣きなら仕方ないのかもしれないけれど何かが違う。


何か、息子ちゃんの必死のメッセージがあるような気が、何故でしょう、母ちゃんはその時どうしてもそんな気がしてならなかったのでした。






その夜も息子ちゃんは相変わらず私を横に寝かせてくれませんでした。


薄暗い明かりの下で、母ちゃんが眠っていないかどうか確認しては目を閉じ、また開けては確認しを続ける息子ちゃんを見ていると、あの日、同じような薄暗がりの中ひとりで天井を見つめていた姿がよみがえります。


『大丈夫よ、息子ちゃん。母ちゃん息子ちゃんが眠るまで、横でちゃんと起きてるからね』


思わずそう言いながら髪の毛を撫でていました。











不思議な





本当に不思議なことなんですが





それ以来息子ちゃんの夜泣きは起こっていません。






母ちゃんには言葉の足りない息子ちゃんのその時の心を、想像することしかできません。が、きっとあの日、ひとりぼっちで天井を見つめていたあの日、息子ちゃんは泣かなかったけれどものすごーーーく寂しかったんだと思うのです。


隣には、能天気でおバカな母親が、自分の気持ちも知らずにヨダレを垂らしながら眠っています。


寂しいなぁと、ひとりで起きておくのはイヤだなぁときっと思ったはずです。







ううん、もっと強く


「もう二度とひとりぼっちはイヤだ!」


そう思ったんじゃないでしょうか。




『横でちゃんと起きてるからね』


私がその言葉を見つけ出すまで、あの日から、必死でメッセージを送ってきていた息子ちゃん。


時間がすごくかかってしまって、何度も悲しい思いをさせてしまったかもしれないけれど、あの時、ただの夜泣きだと思わずに、分からないなりにでも息子ちゃんの気持ちを考えてよかったと、そう思いました。




何もかもが小さくて、ただ可愛くて愛くるしいだけの赤ちゃんだと思っていた息子ちゃん。


けれどキミも、やっぱりココロのある、にんげんだったんだね。




そんな事に、今更ながらようやく気が付いた母ちゃんなのでした。






ちなみにそれから息子ちゃん、我慢(?)する事に懲りたのか、それともこれが自我の芽生えと言うやつなのか、基本的には素直な部分を残しながらも、眠くない時には一人ででも起きて遊び続けるという荒業を身に着けたのでした。







il||li_| ̄|○il||li


そんなんダメですやん






にほんブログ村 子育てブログへ


↑ いつも応援ありがとうございます346
皆さんに励まされながらここまでやってこれました。
これからも息子ちゃん息子ちゃん泣く共々よろしくお願いします。母ちゃんハッピー





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

不可解

まぁ、一言で表すならこうなるのかなぁ?
人間誰しも辿った道とは言うけど、子供、特に言葉を話せない時期の行動ってマジで理解不能に陥るときがありますよね~(^^;;;

そんな時、うちでは「また宇宙とコンタクトしたのかな?」と言ってましたが…(笑)

う~ん

ちゃんと息子ちゃんと向き合った結果ですね!!

 気持ちが届いたから落ち着いて・・・
コミュニケーションが出来る大人同士でもなかなか言いたい事が言えなかったりして、ストレスを溜めますが、言葉が出て来ない彼らにとっては、
さらにきついでしょうね・・・

ぷにこママさん、よく気付かれましたね!
素晴らしい==また伺います!

にんげんだもんね~

息子ちゃん、よく耐えて強くなるんだよ!!
違うか・・・。自我の芽生え大切ですね。
子供を寝かしつけるのが、この頃私も苦労したこと思い出しました。

なるほど~!

息子ちゃんの天井みつめ・・にはそんな訳が、あったんですねぇ~~。

いやぁ~!何だか赤ちゃんだから、こどもだから説明してもわからんし・・とついついそう思っている勝手な大人の事情をどんでん返しされるような出来事ですね!

ちゃんと言えば、ちゃんと伝えれば分かるんだ。
分らないようにさせているのは、実は誰でもない大人なのだ・・という事に気付かされました。

眠たいでたまらなかったでしょうに、ちゃんと息子ちゃんと向き合った、ぷに子さん、偉いです!!

これからもしっかり息子ちゃんの声に耳を傾けながら子育てしていってくださいネ♪わたしも子供たちの声に耳を傾けます!

グサっと

こんにちは。
今回のこの記事、ものすご~く、グサっと心に突き刺さりました。
息子ちゃんの想いがヒシヒシと伝わりました。
うわぁ~私もやってます。
お昼寝はないけど。夜・・・先に寝てる。。。
うちの子もこんな思いをしてたのかも。
特に長男は、ジっといい子で自分が眠くなるまで目を開けてることありました。
うちは、こういう行動には現れませんでしたが、同じようなこと考えてたかもしれないですね。
ちょっと涙でそう。。
でも、気付いてあげれて良かったですね。息子ちゃんも落ち着いて良かった。
色々なこと考えてるんですよね。
にんげんだもの~

子供でも・・・

言いたいことは沢山あるんですよね~


言葉が通じないと、中々分かってあげられなくて
可愛そうな思いをさせてしまうこともありますよね。。

息子さんに気持ちが通じて良かったですね~


うちは横にならせてくれるけど、
寝たくないときは23時でも遊んでます。。。( ̄□||||!!

人間だもの

コメントはじめまして。

息子ちゃんののこと赤ちゃん扱いせず、
一人の人間として接していらっしゃる真摯な心、姿勢が伝わってきました~。


かわいい息子ちゃんのアバターがきになってぺたさせていただきました☆
お忙しい中
嬉しいBBSを残してくださってありがとうございました。

以下、手前みそなんですが
フトマキ版人間だものです(^-^)
もしお時間ありましたらのぞいていただけたら幸いです。
http://ameblo.jp/marutomo998/day-20080515.html

ではでは♪

天井

ずっと見つめながら寂しくてしょうがなかった息子ちゃんだったんですねぇ…
それでも気持ちが通じ合ったことで
母と子の絆がいっそう深まったんだろうなって思います(*^▽^*)
喋れない時期は行動・態度で気持ちを教えるのも
大切なことですもんねぇ。

うちは…
産まれてから1歳過ぎまで夜泣き泣き泣きでした(;´▽`A``
4歳になっても時々いきなり大泣きする夜もあるのは
もしかしたら何かのSOSなのかと読んでて思いました。
そんな夜はしっかり受け止めてあげようと思います(´∀`)

□ 伊邪那岐命さん

コメントありがとうございます。
言葉が通じないからこその苛立ちってきっとかなりあるだろうなと想像はできても、どこまで理解してあげられるのか、理解したと思っても所詮は想像。言葉のしゃべれない子どもに対してのどうしようもない不確かさが辛いですね。
理解しているはずと慢心せずに一個人として向き合っていかなきゃダメだ~と反省しました。
よくコンタクトしてますよね。宇宙とは(;´∀`)

□ カンポるみさん

コメントありがとうございます。
うれしいお言葉を頂きましたが、未熟な子育ての結果ですからお恥ずかしい限りです。
普段からしゃべれないだけで理解はしているはずだと思って接していたつもりだったのに、私とは別の考え方をする一人の人間だという肝心なことを忘れていました。
今回は(偶然ですが)気が付けて運がよかったと思ってます(;´Д`)

□ みさママさん

コメントありがとうございます。
子どもが教えてくれること、たくさんありますよね。
自我の芽生えはありがたいし嬉しいですが、翌日布団の周りにおもちゃやブロックが散乱していて、粗忽な私はたいてい踏んでしまうので非常に辛いです。
相変わらず、「寝ようね」と言うとあまりぐずりはしませんが、「寝れん(寝れない)」と思った時に即寝るのを諦めてあそび始めるマイペースっぷりがこれまた辛いです。

□ pi子さん

コメントありがとうございます。
あくまで私の想像でしかないんですが、そうでなかった場合(例:天井に何かが見えていた)の方が怖いので、ぜひともこれが正解だと今は信じていたいと思います。(;゚Д゚)

『勝手な大人の事情』まったくその通りだと思います。
普段はできるだけ(理解してもらえなくても)言葉にしていこうと思っているつもりだったのに、こういう場面でいとも簡単に馬脚を現してしまいました。
底の浅い子育てだったと反省しきりです。

あの1週間は夜毎の拷問でしたが、今となってみればいい経験でした。

隣で

ずっと見ててほしかったのかな
手、握ってあげると安心するかな


(TωT)

泣いてお母さんを起こしてはいけない。でも寂しい。
そんな葛藤があったんですかね?
でも、気持ちがまた一つ近づいた瞬間カも知れないですね。
よかったです。

PSにんげんだもの(前編)はこちら
のリンクが違ってましたよ

□ taryokaさん

いつもコメントありがとうございます。
言ってくれなきゃわからない、と思いますが、相手は言いたくても言えない子どもですからねぇ。
il||li_| ̄|○il||li
私もその時の息子ちゃんの気持ちを想像すると、実は今でもちょっと涙が出てきます。
普段自他共に認める親ばかだと自負しておきながらこれですからね。思い切ってブログのネタにしてしまいましたがホント恥ずかしいです。
そうそう、色々考えているんですよね。にんげんだもの~

□ かずさん

コメントありがとうございます。
そうきっと言いたい事は、言葉が出ない、思ったように動けない分だけ、たくさんあるんだと思います。
幼児語って普段一緒にいて言葉を聞く機会が一番多い母親でさえ「?」と思うことが多いですよね。旦那から「今なんて言ったん?」と聞かれても答えられなかったり。
ウチも最近は(旦那の帰りが遅いので)余裕で23時とか起きてます。(´・ω・`)

□ まるとも∞太巻き祭り寿司さん

コメントありがとうございます。
この間ブログを覗かせていただいた時には、太巻きの種類の多さに驚きましたが、よもや『フトマキ版人間だもの』まであろうとは!゚+.(ノ。'▽')ノ*.
一瞬具財で文字を入れてらっしゃるのかとも思ったのですが、これはラップの上から書いているのですか?
更なる驚きでした(,,・∀・,,)

無題

息子ちゃんの気持ちを必死でかんがえてあげようとする、ぷにこさん、感動です。よきお母さんです。息子ちゃんは幸せ者ですね。
まだ、言葉が未熟な子供の心を読む事は難しいけれど、お母さんにしか出来ない事だと思うのですよ。だから、大事ですよね~。私も、そんなお母さんを目指したいです。
あ、でもこれから寝かしつけはらくちんんってわけには行かなそうですが。。。

□ まひろさん

コメントいつもありがとうございます。
当たり前の事なのに、いつの間にか私と息子ちゃんが別々の固体だという事を忘れてしまっていたようです。
私が楽しい=息子ちゃんも楽しい、私が寂しい=息子ちゃんも寂しいというように。
親子の絆が深まったのならホントに救われるんですが実際のところどうなんだろう(;´Д`)

夜泣きは本当に辛いと思います。私なんてたった一週間でも「拷問だ」と感じたくらいですから。
言葉が出てきても、まだうまく感情を伝えられない子どもの大泣きは親も「なんで?なんで?」って感じですよね。
しっかりと受け止めてあげて下さいね~(;o;_;)o

はじめまして。かぎかっこです。

ゲストブック投稿、ぺたありがとうございます。
可愛い息子ちゃんの エピソードは永遠に
続きそうですね・・・。私の子育て時代も
ブログなんていうのがあったら こうして書き留めて
記念にしたかったです。 絵日記は描いてましたけど・・・。
一つ一つのことが大事ですね。 親にしか分からないメッセージ。
息子ちゃんは 小さな心の変化をくりかえして
大きくなるんですよね・・・。
とっても ほっこりさせられてしまいました。
これからも ちょくちょく 寄らせていただきますね。

無題

ちゃんと子供向き合って子育てしてるのはすごく素敵なことです!!うちも3人とも夜泣きを経験しました。未だに寝る前は3人にハグしてから寝かせてます。変な習慣です(笑)ハグすると夜泣きしないんですよ☆

□ 悠惺さん

コメントいつもありがとうございます。
たぶん息子ちゃんは中々泣けない性格で、内側に気持ちを溜め込んじゃうタイプなんじゃないかと思います。普段の様子からは想像も付かないけど。
で、泣けないから辛かったんじゃないかなぁ。
寂しいって言えないから辛かったんじゃないかなぁと思います。
手を繋いであげてたら違ったかもしれませんね。

□ あぶさん

コメントありがとうございます。
リンク間違いのご報告ありがとうございました<(T◇T)>何やってんだろ私。とんでもない間違いを・・・(;゚Д゚)
知らせて頂かなかったらずっとあのままでした。助かりました。

ウチの息子ちゃんは普段は『動』タイプなので、たまにこうやって『静』でこられるとまったく読めなくなってしまいます。
幼いながらもきっと色々な葛藤があるんだと思います。だって人間ですものね。(。´・ω・)。

□ YUNAさん

コメントありがとうございます。
失敗ばかりで本当は「いいお母さん」とは程遠い場所でジタバタしている私です。(*´Д`*)
確かに言葉のない今の息子の一番身近な通訳者は母親である私ですね。肝に銘じてがんばります。
寝かしつけの時間はほとんど息子ちゃんの独壇場と化しています。(つд⊂)

□ かぎかっこさん

コメントありがとうございます。
まだしばらくは尽きることのないネタを息子ちゃんが提供してくれそうです。
私も元々は育児日記のようなものを手書きで描いていました。どんな形であれ息子ちゃんに何か残せるものを・・と考えブログを選びましたが気持ちは同じです。
親にしか分からないメッセージ、親だけにあてた大切なメッセージを、これからもできる限り受け止めてあげられるよう息子ちゃんを見つめていきたいと思っています。

□ おかあちゃんさん

コメントいつも忙しい中ありがとうございます。
果たしてちゃんと向き合っていたと言えるのかどうか(;´Д`)
でもこれからはできる限り息子ちゃんの発するメッセージを聞き逃さない、見逃さないよう気をつけたいと思います。
頑張りすぎもきついから適度に頑張りながら(*^.^*)。
3人とも夜泣きとは・・・それを乗り越えてきたかあちゃんはさすがです。ハグすると夜泣きしないっていうのは真理に触れているような気がします。

天井・・

ぷにこさん、お疲れ様でした。

小さい頃、眠れなくて天井を見ていると
木の模様が怖く見えたり、色々な影が
怖かったり。それで余計に眠れなくなった
事があったのを、何となく思い出しました。
わが身を振り返ると・・・反省しきりです。
朝、先に目覚めた息子が私の顔を
いじるのですが息をしているのか
心配して確認しているのかも。

次男坊・・;

うちの次男坊はそんなに繊細じゃないぁ(^▽^;)
長男はかなり苦労しましたが
がさつなくせに繊細(-。-;)
べったりくっついてないと寝られない子でしたよ。
いまはさすがに一人で寝てますが・・・。

□ 琴音さん

コメントありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ありません。
子どもの頃のことって覚えているはずなのに普段は忘れているんだなぁと琴音さんのコメントを見て思いました。
そういえばウチの息子ちゃんも私の顔をいじっていて目を開けると嬉しそうな顔をします。
生きてる?って思ってるのかなぁ

□ みっちゃんさん

コメントありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ありません。
がさつなくせに繊細!ウチの息子ちゃんもそういう感じです。
兄弟でもやっぱり全然違うんですね。息子ちゃんも夜寝る時だけは私じゃなきゃダメで、眠くなるとべったりとくっついて離れません(;´∀`)

寂しかったんですね

うちの娘も無事に一歳になりましたが夜は母親でないとダメでべったりです。

物心ついて後追いするようになったら父親だとなかなか寝てくれなくなりました。

なんでかぁ~~と色々考えてみたんですが、やはりいつも一緒の母親のぬくもりや匂いで安心するのかなと思っています。

息子さんも感情を素直に出してわかってもらえてすごく嬉しくて安心したんじゃないでしょうか。
良い息子さんですね。

□ valhalla2004さん

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。
母親はもっとも近しい理解者(通訳者)だから抱く愛着も激しいと聞いたことがあります。そしてきっとそうでなければならないんですよね。
親離れしてしまうまでのほんのわずかな期間。無駄にすることのないように、人間だから完璧にとはいかないですが頑張りたいと思ってます。

フリーエリア

息子ちゃん

息子ちゃん:2歳2ヶ月 突然の大量出血が要因で、33週目に緊急帝王切開で出生。 1ヶ月のNICU入院の後、ようやく我が家へ帰ってきた息子ちゃんですが、今となってはあの、ちっちゃくて壊れそうだった面影はどこへやら・・(笑)

かあちゃん

母ちゃん:流行の高齢出産母 最近急に知恵と力をつけてきた息子ちゃんに振り回される日々。加齢による体力不足が不安です。



参加しています


おきてがみ友の会

ぬりえ倶楽部

ちっちゃく生まれたボクだけど *絵日記*-絵日記倶楽部

日本もっこり党

ごくあく乳幼児バナー

すくパラ




バナー
ちっちゃく生まれたボクだけど *絵日記*
作ってみました。 ご自由にお持ち帰り下さい。
最新記事
最新の記事一覧
カテゴリ
カテゴリー

ブログリンク
お気に入りブログ

(50音順デス)

□あ
□か
□さ
□た
□な
□は
□ま
□や
□ら
□わ
□英数
□バナー























□ハンドメイド

戴き物のご紹介
プラグインエリア2



みんぽす


ブックマーク
月別アーカイブ
アーカイブ
プロフィール
プロフィール

ぷにこ

ハンドルネーム:ぷにこ
出没地:生まれも育ちも福岡北部
職業:主婦兼母親兼PCインストラクター
ちっちゃくうまれた息子ちゃんと今日ものんびり成長中

  PA
プチメッセージ
プチメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
RSSリンク

ブロとも申請
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。